人とペットのナチュラルライフを応援する

  Network Communication Site for Lovers of  Pet & Nature powered by HOLINF

製品案内][オンラインショップ][新規会員登録][お客様マイページ

 
 ホロブロートは通常のペットフードとはその考え方、原料(食材)、製法等すべてが、あまりに異なっているため、ペットフードとはもはやいえない、全く新しいペットのためのオーダーメイド食です。そのため、あえて、ペットフードとはいわず、ホロブロートと呼びます。
(ホロブロートとは層状になったパン、完全なパン等の意味の造語です。しかし、ホロブロートはパンではありません。一見パンのように見えますが、実際はパンとは比較にならないほど栄養がそろった完全栄養食です。) 
  粗悪なペットフード用原料を使用せず、食材で作られています。ペットフードが合わない、ペットフードを食べない、ペットフードではアレルギーになる、病気による食事が必要である、といったペットに最適の食事です。もちろん、着色料や保存料は使用していません。 
 ホロブロートはすべて専門獣医師が栄養レシピをつくり、受注してから生産しています。だから新鮮そのものです。 生肉をふんだんに使っているので犬や猫の食性に適しています。実はこのことが非常に重要で、食性に適していない低品質の穀類を多く含むフードを食べることによって、健康を害しているペットがたくさんいるのです。また、生肉の使用は抜群のおいしさをもたらします。 しかも、その上、生地を酵母発酵させてから焼き上げるほりんふ独自の製法により、酵母による分解作用でさらにおいしさがアップしています。
 なお、栄養成分を個々の犬に合わすことはできますが、食材の取捨選択は基本的にはできません。

 

horizontal rule

bullet

なぜオーダー
メイドなの?

bullet

食材について

bullet

発酵技術を
利用した
調理技術とは?

bullet

パーソナルベスト
なフードのために

bullet短所もあります
 

horizontal rule

注) レシピによっては層状にできない場合もあります。

horizontal rule

 

bullet

なぜオーダーメイドなの?

 愛犬に必要な栄養は本来、一頭一頭違うものです。人でも年齢や性別、生活環境等が違えば必要なカロリーや栄養素は異なります。ましてや犬種による差異の大きい犬の場合は必要な栄養も人以上に一頭一頭異なります。考えてもみてください。同じ成犬でも体重2kgのチワワから体重60kg以上にもなるセントバーナードまで、体重だけみても、こんなに大きな幅があります。こんな動物は犬以外にいないのです。こんなに、違うのにひとつのドッグフードで本当にすべての犬に対して最適な栄養を保証できるのでしょうか。しかし、大手のペットフードメーカーの大量生産方式では細かい対応は不可能です。でも、おまかせください。HOLINFのオーダーメイド方式なら、あなたの愛犬に本当に最適なフードを手作りでおつくりいたします。

 猫は種類による違いは犬ほどではありませんが、オス、メスの違い、生活環境の違い、避妊、去勢の有無等によって、必要な栄養はかなり異なります。例えば、室内飼いの場合と戸外で自由に飼う場合では運動量も全然違うため、カロリーやビタミン、ミネラルの必要量を変えたほうがよいのです。

 最近は一生をフードだけで、生活する愛犬や愛猫も多いようです。だからこそ、より木目細かく栄養を考えたオーダーメイドフードの方が安心できるのです。この機会にぜひお申し込みください。

 HOLINFでは、愛犬、愛猫の詳しい情報をご記入いただき、その情報をもとに専門獣医師が最適のレシピドをつくります。そのレシピにより作られるフードはあなたの愛犬、愛猫のためだけの最適、最高のフードであることは間違いありません。

 
WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ → 

bullet

醗酵技術を利用した調理技術とは?

 HOLINFの調理方法は通常のペットフードの製造方法とはまったく異なります。通常のペットフードはエクストルーダーという大きな機械で大変な高温と高圧をかけて、短時間で製造します。この方法は1種類のものを大量に製造するのには適していますが、少量多品種の生産には適していません。また、高温高圧処理により原材料の栄養や風味の良さを殺してしまいます。
HOLINFでは、生地を酵母により、じっくり醗酵調理します。ちょうど、発酵食品と同じことを行い、食材のうまみを引き出すのです。肉類が主体の生地を穀類が主体の生地で包み込んで折り込み層状にします。次に、それを小さくカットしてからオーブンで焼き上げるのです。こうして、じっくりと調理されることにより、一段と風味が向上するのです。そうです、まるで、グルメな食品と同じようにてまひまかけて作られるのです。さらに、こうした製法により加熱調理時の熱によるダメージを軽減し、食材の風味や栄養を最大限に生かすことができるのです。HOLINFのホロブロートのおいしさの秘密は酵母により醗酵させた生地を焼き上げていく独特の調理方法にあります。
 また、店で売られているペットフードは通常の流通経路を使いますので、長く保存させる必要があります。倉庫や店の棚に並んでいるあいだに腐ってしまっては困るわけです。特に海外製品は船で海外から輸入してくるので、保存性が良いことは必須条件です。そのために乾燥機の高温の熱風でカリカリになるまで乾燥させます。これが、ドライタイプのペットフードです。 しかし、こうすると、せっかくの風味もほとんど飛んでいってしまい、おいしさもだいなしです。そこで、HOLINFでは、熱風乾燥はせず、オーブンで焼き上げる調理方法をとっています。オーブンベイクドタイプなので、水分を含んだおいしい食事を作ることができます。
 犬はもともと乾燥したものより水分のあるものの方が好きです。もちろん、自然界ではあのようなカリカリのドライなものは存在しないわけですから、当然といえば当然です。

WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ → 

 

bullet

パーソナルベストなフードのために

 ホロブロートは個々のペットに最適なフードを調理するために、ペットの持つさまざまな条件に応じてレシピを設計します。ここでは、犬を例にとって説明させていただきます。犬ではそのライフサイクルをいくつかの期間に分けてきめ細かく対応しています。大人になるまでは離乳期間と成長期、大人になってからは成犬期、年をとってくると高齢期と超高齢期というようにわけます。その各々で必要とする蛋白質、カロリー、ビタミン、ミネラル等を最適になるように設計します。さらに妊娠期と授乳期は通常の時期とは必要とする栄養が大きく異なるので、別に考えます。また、これらの各ライフステージは犬種によってさらに異なります。例えば、チワワは1年もたたぬうちに、大人になり青年期に入りますが、グレート・デン等の大きい犬は2年以上かけて大人になります。このように、先ほどのライフステージは犬種によって、全て異なりますので、犬種に応じたライフステージの期間を設定しています。また、各ライフステージにおいて、カロリーを何段階か設定しています。その他にも、散歩の回数や避妊、去勢の有無、室内飼いか室外飼育かといった飼育環境等々、お客様からいただいたたくさんの情報や既往歴や治療中の病気などの条件から各犬の状態を考慮して、その犬に最適な栄養レシピを決定します。また、アレルギーなどの時は使用食材について選択する場合もあります。さらに、病気の場合の食事はそれぞれの病気に適した独自のレシピを組むことになります。こうして、できあがったフードのレシピは、まさにその犬のためだけのパーソナルベストなものとなるわけです。
 
WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ → 

bullet

食材について

 従来のペットフードの原材料の中身や、その経緯について、まず、述べてみます。通常のペットフードの原材料はペットフード用の原材料が使われます。たとえば、肉類とは通常、肉紛や肉骨粉のことです。これは人用の食肉を取った残りの部分(内臓や骨など)を加熱、乾燥し、粉砕して粉にしたものです。また、大豆は脱脂大豆や大豆粕が使用されるのが普通です。これは大豆から大豆油をとった残渣です。ほかにも、人が利用しない食物残渣がペットフードにはたくさん使われています。そのことをご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、ペットフードを利用する場合は、ペットフードとは所詮そういうものであるということを認識して利用することが、大切だと思います。だから、ペットフードはあのように安価に製造、販売できるのです。お米を10kg買ったら安いものでも3000円近くはします。しかし、安いペットフードならこの半額で買えるでしょう。しかも、犬に必要な栄養素はほぼ満足するように作られています(あくまでも、ほぼですが)。ペットフードは安くて、便利なまさにペット用の”えさ”であって食事ではないと割り切った方がよいかもしれません。そして、ペットたちは人間が利用できない部分を食してくれることによって、資源を有効に利用してくれているという考え方をする人もいるのです。
 しかし、こんにち、ペットが伴侶動物(コンパニオンアニマル)として、家族の中で重要な位置を占めるようになるにつれ、ペットにも人と同じような高品質の食べ物を与えたいという気持ちをもっておられる飼い主さんが増えてきました。 私たちはこれは当然のことのように思いますが、一方ではこのような考えを贅沢として、あるいは資源の有効活用に反するとして嫌う考え方もあります。例えば、ペットフードが生まれた欧米ではペットは使役動物であるとの考え方もある面はっきりとしており、ペットに人の食物の残渣処理をしてもらうのは当然との考え方も一部にはあります。そんな馬鹿な!かわいいペットにそんなものを食べさせるなんて!と思われる方も多いでしょう。このように従来のペットフードに対しては、発展してきた歴史の中でいろんな視点が存在するというのも事実です。
 それはさておき、実際にペットを飼っている人からすると、良いものを与えたいというのは極めて当たり前の心理でしょう。ところが、今までは、ペットの食事としてはペットフードを与えるか、ホームメイドの食事を作るかの2者択一しかありませんでした。とはいうものの、人用の食材を使って、家庭でペットの食事を作るのはなかなか大変です。犬や猫に必要な栄養条件は人とはかなり違います。たとえば、蛋白質やある種のミネラルの必要量は人よりもずっと多いのです。あるものは人の10倍くらい必要なものもあります。そういったことを考慮して作らねばなりません。そのうえ、人の食事なら栄養のことを考えた献立表などがありますが、ペット用にはそんなものは出回っていません。ペットのために愛情こめてつくった手作り食が、実はペットの健康には良くなかったなんてことにもなりかねません。

 HOLINFのホロブロートは原料に人用の食材を使い、ペット一頭一頭に最適の栄養レシピを専門獣医師が設計して、調理するオーダーメイドのペットのための食事です。通常のペットフードとはその考え方、食材の選び方、調理方法などすべてが全く異なるものです。私たちはこれをペットフードと区別してペット自然食と呼んでいます。ぜひ、この贅沢?をあなたのペットにも味わわせてあげてください。

WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ → 

bullet

短所もあります

高価: 安心できる食品原料はやはり高価です。高品質を維持するため、ペットフード用の原材料ではなく、食材を使用していますので、原材料費は非常に高く、安価なペットフードの軽く10倍以上します。(実際、ペットフード用の原材料は食品と比べると信じられないくらい安いのです。それは人が食品として利用しないものを使用するからです。つまり、食品としての値段ではないということです。例えば、食品のお米は安くても¥300/kgくらいはしますが、ペットフードによく使われる大豆粕は¥30/kgくらいです。)

また大量生産ではなく、上記のようにオーダーメイドでひとつひとつじっくり手作りしますので、調理コストも高くつきます。そして、オーダーメイドのプライベートフードであるがゆえにお店で売ることはできませんので、宅配となります。その分の宅配費用もかかります。

日保ちしない: 食材のところでも述べましたが、通常のペットフードは流通の経路上、長く保存させる必要があります。そのために合成保存料や合成の酸化防止剤を使わざるを得ません。しかし、Holinf ではそういった添加物は一切使用しませんので、日保ちしません。そのために、通常、調理後、3日以内にお客様のもとへ届くように考えております。これは長所でもあり、短所でもあります。そのことをよく認識いただいた上で、賞味期限内に使いきるように注意していただき、保存は冷蔵庫か冷凍庫でお願いします。(保存後は電子レンジで人肌程度に温めてから与えていただくと、よりおいしく食べられます。)

地味: 着色料なども使用しませんので、通常のペットフードのように見た目にカラフルではありません。人が見るとおいしそうに感じないかもしれません。でも、これが安心のあかしでもあるのです。

WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ → 

horizontal rule

 

ドッグホロブロート

 

食材: ・肉類等 :
・穀類等 :
・野菜等 :
 
・その他 :
 
 

鶏肉、ラム肉、鹿肉、牛肉、豚肉、鶏卵、鶏軟骨、卵白、ラード、ヨーグルト、鰹節、
米、小麦粉、小麦胚芽
野菜(トマト、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス等)、りんご、
干し椎茸
酵母エキス、減塩醤油、酵母、海藻(昆布、ワカメ、ヒジキ、焼き海苔)、ミネラル、ビタミン
(原材料は愛犬の状況に応じて上記より選択します。)
  

栄養成分:

蛋白質   11   〜37
脂質     7   〜32
灰分     1   〜11
繊維     0.2〜 1.2
水分    40
カルシウム  0.4〜 2.1
リン     0.3〜 1.7

%(乾物換算)の範囲内で個々に調整
%(乾物換算)の範囲内で個々に調整
%(乾物換算)の範囲内で個々に調整
%(乾物換算)の範囲内で個々に調整
%以下
%(乾物換算)の範囲内で個々に調整
%(乾物換算)の範囲内で個々に調整

●その他の栄養成分についてはAAFCOの栄養基準を満たす総合栄養食です。
与え方:

主食として与えてください。与える量などは個々に違いますので商品のラベルに記載いたします。
電子レンジで熱くなるまで温めると澱粉がα化し、よりおいしく、消化もよくなります。
(熱すぎる場合は少し冷えるまで待ってから与えてあげてください。)
 

保存方法:

ドライペットフードとは違い、おいしさを保つために水分を高めに調整してあります。また、保存料が一切入っておりませんので、商品到着後の保存は冷蔵庫あるいは冷凍庫でお願いいたします。冷蔵保存の場合、開封後はできれば1週間程度で使い切っていただくのが理想的です。1週間以上、保存する場合には冷蔵よりも冷凍の方が適しています。品質保証期間は冷蔵保存で10日間、冷凍保存で2ヶ月です。
 

価格:  600g入り/¥2000
1800g入り/¥6000

horizontal rule

 
WB01728_.gif (149 バイト) ページのトップに戻る

商品購入ご希望の方はこちらへ →